3年と私

今日で、社会人3年目が終わる。

もう3年も働いたなんて、信じられない。

 

研究室、サークル、高校、中学と、同じだけの3年間。

 

この3年間、思い返せばトラブルつづきで、特に今年度はひどかった。

 

4月には胃腸炎になり、39℃まで発熱して夜間診療にいって、1週間くらいろくに食べれなかったり。

6月は、見知らぬお兄さんに玄関前までつけられたり。

7月は、赤ワインで酔っ払って、平日どまんなかに3時まで介抱してもらったり。

8月も、ワインで酔っ払って、お盆には、滋賀から京都に引越したり。

9月から、腰が痛くなって、デスクワークがきつくなったり。

11月に、椎間板ヘルニアになっているとわかり、腰痛の日々。。

1月には失恋して、2月から脚の付け根も痛くなって、3月にはスマホを落として、格安スマホに2時間で切り替えたり。してた。

 

衝撃を受けるたびに嘆いたり泣いたりばっかで、何回泣いたか、数えられない。

なんで今年度はこんな大変だったんだろ?と考えたけれど、似たような年は前にもあった。

 

研究室のときも、3年目の最後が大変で、お金もなくて、声もでなくなっていた。

サークルのときも、3年目は授業も大変で、帰り道に歩きながら寝たこともあった。

高校のときも、3年目は大学受験で、ひたすら勉強していた。

中学のときは、覚えていません。。

 

私にとって、3年目は大変で、何かが終わるときなのかもしれない。

4月から、会社の組織も上司も変わるから、これまでの3年間がひとくぎりで、また新しい何かが始まるのかもしれない。

 

またいっぱい、衝撃をうけて、嘆いたり、泣いたり、するんだろう。

そして、またいっぱい、すがって、助けてもらったり、するんだろう。

 

それでも、また次のこの3年間に、期待したい。

そして、きっとまた激動であろう3年間を、衝撃だけでなく、穏やかな日々も、ブログに残してみようと思った。

 

振り返るこれまでと、これからの、3年と私。でした。

どうぞ、よろしく。